お金のなる木の育て方

88年度生が株式投資で"経済的自由"を目指す

MENU

貯蓄でQOLが向上する理由

f:id:TOM-1989:20180812175332j:plain

 

 

貯蓄は苦行??

皆さん、"貯蓄"ってどんなイメージがありますか??

節約したり、我慢したりネガティブなイメージの人も多いのではないでしょうか??

 

僕も学生時代は貯金や貯蓄って苦手で、お金を貯めるのはどちらかというと苦手な方でした。

気がついたらお金が無くなっていることもしばしば・・・。

しかしあることに気付いた時から"貯蓄って凄く楽しい!"と感じるようになりました。

 

僕が貯蓄を楽しいと感じるようになった理由は貯蓄がQOLの向上に繋がると考えるようになったからです。

 

QOLとはQuality Of Lifeの略称。

つまり、人生の質の向上です。

 

なぜ貯蓄でQOLが向上するのか??

お金は貯めれば貯めるほど生活が楽になっていきます。

それでは、なぜ貯蓄をすることでQOLが向上するのでしょうか??

 

貯蓄をすることで不労所得を増やすことが出来るからです。 

 

 

貯蓄を不労所得に結びつけるために必要なステップはたったの3ステップ。 

不老所得を増やす3ステップ

貯蓄をする

株式・その他収益性のある資産の購入

不労所得の増大

 

この3ステップのサイクルを繰り返すことで、スピードに差こそありますが不労所得を増やすことは誰でも簡単に出来ます。

 

不労所得を増大させることでその分、日々の残業する時間を減らしても一定の生活水準を保つことが出来て、ライフワークバランス、QOLの向上に繋がります。

 

これが僕の貯蓄の大きなモチベーションとなっています。

 

僕自身は新卒時は当然不労所得などありませんでした。

しかし、上の3ステップを忠実に実行することで社会人6年目の現在、毎月4~5万円の配当(税引後)を受け取ることが出来ています。

 

月に5万円(税引後)をサラリーマンで稼ぐためには残業の時給を2,000円と仮定して約35時間の残業に匹敵します。(所得税・住民税計30%と仮定)

 

新卒時より貯蓄・資産拡大に注力をしていなければ僕は今よりも毎月35時間多く残業をしなければ今と同じ生活水準を維持出来なかったということになります。

 

昔の自分の頑張りが、今の僕のライフワークバランスを向上させてくれているのです。

 

そして、上で書いた3ステップのプロセスは誰にでも実行可能です。

 

問題はやるか??やらないか??

 

非常にシンプルですが、人間は長期間で物事を考えることが苦手な生き物なので実行する人は極僅かです。

上記の3ステップをやらなければ、ライフワークバランスを犠牲にするか??生活水準を落とすか??の二択となります。

 

貯蓄力を高めて上記の3ステップを実行することで、どんな人でもライフワークバランスを保ちつつ、生活水準を維持することが可能になります。

 

周りはあなたの邪魔をする

 QOL向上のためにあなたが貯蓄に励んでいたとしても、周りから足を引っ張る言動をする人はいます。

 

  • そんなに貯めてどうするの??
  • そんなにケチケチしてどうするの??
  • もっとお金使いなよ!

 

これらは全て無責任な人の意見であり、あなたの人生に責任は微塵も持ってくれません。

またあなたほど、あなたの人生について真剣に考えているわけもありません。

あなたは、あなたのQOLが最もトータルで高くなる行動に邁進すべきです。

 

僕自身も貯蓄に人生のパラメータを全振りするとQOLが下がるため、美味しいものを食べに行ったり、国内外を旅行したり勿論します。


総合的に考えてQOLが高くなるお金の使い方は人それぞれ。

価値観も人それぞれです。

 

周りに何を言われたとしても、自分に確固とした考えがあるならそれに向けて邁進すべきです。

 

あなたの確固たる目標を他人に邪魔されるのだけは避けましょう。  

VOICE新書 働かないって、ワクワクしない?

VOICE新書 働かないって、ワクワクしない?