お金のなる木の育て方

88年度生が株式投資で"経済的自由"を目指す!

これ書いてる"とむ@大森の米国株ブロガー"って何者??

MENU

家計簿アプリのデメリットとは

f:id:TOM-1989:20181011114503j:plain

 

こんにちは。とむです。

 

 

家計簿アプリはとても便利

皆さんは家計簿アプリは使っていますか??

最近は家計簿アプリも様々な種類のものが出てきて選択肢が増えてきました。
我が家では、Moneyforwardを主に使っています。

我が家の使っているMoneyforwardでは、家計簿アプリを使うことで平均で約2万円の節約効果があると謳っています。


果たして家計簿アプリを使うことで、節約効果はあるのでしょうか??

 

家計簿アプリは確かに便利です。

クレジットカードやICカード、銀行引き落としで支払われた支出や出勤は自動で記録されて、自動的に家計簿が出てき上がっていきます。


現金の支出は手入力する必要がありますので、最近僕はそれが億劫になり少額でもカード払いが多いです。


食費や交際費など、項目別に自動的に振り分けてくれるため、家計簿を付ける手間というのが圧倒的に減ります。

また、複数の銀行口座に証券会社、財布の現金からsuicaのようなICカード、更には会社の確定拠出年金なんかもこのアプリ1つで管理をすることが出来ます。

毎日、情報は更新されていき過去数年分の資産推移を確認することが出来るので、家計簿だけではなく資産管理という点でも使い勝手はとても良いです。

便利すぎる家計簿アプリの弊害

家計簿アプリは非常に便利です。


毎日の家計簿に割く時間がかなり減りますし、資産管理も自動的にやってくれます。
月額500円の有料会員になればその機能をフルに使い倒す事ができますが、制限のある無料会員でも十分に使えると思います

しかし、デメリットも多少あります。

 

<スポンサーリンク>

すべての支出がひとまとめになってしまう。

すべての支出が何かしらの項目(食費、交際費など)に分類されるのですが、特定の項目を除いた家計簿を作成することが出来ません。


旅行や大型家電の買い替えなど、特別な支出が来たときは当然ですがその月の家計簿の支出は著しく高くなります。

 

そうなると、他の月の比較というのが難しくなるため、我が家では”生活費”と”特別支出”を分けて管理しているのですが、そういった管理が出来なくなります。

 

生活費・・・月単位で管理するお金

特別支出・・・年単位で管理するお金

 

我が家の場合、特別支出というものは毎月発生するものでもないの年単位で考えたほうがわかりやすいのです。

 

そういった"痒いところに手が届く"ような家計簿はアプリでは作りにくいかもしれません。

自動で家計簿が作られてしまう。

便利過ぎる家計簿アプリはそれ自体がデメリットにもなり得ます。
自動で家計簿が作られてしまうため、人にも寄りますが節約意識がどうしても芽生えにくくなってしまいます。

 

先月の家計簿を振り返る目的で使うのなら良いですが、”今月は使いすぎてるから後半は少し節約するぞ”という意識がどうしても希薄になります。

 

毎日支出をエクセルで手入力(または手書き家計簿の作成)していた方が、日々の進捗やお金の使い方をちゃんと振り返るので節約しやすくなるのです。

 

これらのデメリットを鑑みて、最近は我が家ではエクセルでの家計簿管理をメインにする方針に戻しました。


独身の頃はエクセルで資産管理も家計簿も入力したいのですが、結婚してから家計簿アプリの便利さに目覚めて最近までずっとそのアウリをメインで使っていました。
しかし、これらのデメリットを自分の使いやすい様な仕様で最近は手打ち家計簿に結局戻ってしまいました。

 

<スポンサーリンク>

結論

家計簿アプリというのは非常に便利なツールです。


普段お金に無頓着で何となく使ってしまうような人は節約意識の高まりにより思わぬ無駄な支出に気づくかもしれません。

しかし、もともとしっかりと自分で管理していた人は家計簿をアプリを使うことで楽が出来る半面、支出への管理が甘くなる恐れがあります。

お金への向き合い方は十人十色です。

家計簿アプリとも正しく向き合っていきたいですね。