お金のなる木の育て方

88年度生が株式投資で"経済的自由"を目指す!

これ書いてる"とむ@大森の米国株ブロガー"って何者??

MENU

格差社会は徐々に表面化している

f:id:TOM-1989:20180829071512j:plain

 

こんにちは。TOMです。

 

本日、以下の様なニュースを見つけました。

 

“無保険”で病院に行けない、診察代払えず 埼玉で5人死亡(TBS系(JNN)) - Yahoo!ニュース

headlines.yahoo.co.jp

 

"国民皆保険制度"が謳われている日本においてもこういう最低限の健康保険料が支払えない人がいるというのは正直驚きです。

 

彼らの貧困は自己責任なんでしょうか??

 

僕は必ずしも、そうとは言い切れないと思います。

 

全員が中流になれる時代は終わった

さてさて、トマ・ピケティのr>gが語る通り、対策を打たなければ世の中の経済格差は徐々に広がっていきます。

 

経済的に沈みゆく日本の中では、"豊かでない人"の絶対数が増加傾向になるのは当然の流れです。

 

高度成長期やそれ以降も暫くは普通に仕事をしていれば、安心して全員が中流になれる時代はとうに終わっていると僕は思います。

 

今後も貧困層相対的貧困の数はますます増えていくと思われます。

 

従来、"貧困層貧困層でいる"のは彼ら自身の責任や事情でしたが今後は頑張っても"普通"でいられる状態が難しくなるかもしれません。

 

全体に対して極極わずかの人が"貧困層"であったのならそれはその人特有の事情や努力不足であったと考えられます。

 

しかし、全体に対して"貧困層"の割合が無視できないほど増えてくれば、それは個人の努力ではどうすることも出来ず、政策の問題となってきます。

 

 

<スポンサードリンク>

そして貧困は連鎖する

 

先天的要因か後天的要因家は分かりませんが、貧困は連鎖します。

学問に限って言えば、頭のいい人の子供は頭も良いですが、反対の場合も同様なのです。

 

そして、優秀な大学を出て高いお給料を貰っている優秀な親の子供は同様のルートをまた通りやすくなりますが、親の出来が悪いと子供の出来も悪くなりやすくなります。

 

その環境が貧困の連鎖・格差拡大に繋がっているのはほぼほぼ間違いないと思います。

 

日本という国は機会は平等ですが、それだけでは必ずしも人々の生活の平等は担保されていないのです。

要は"大学に進むのが当たり前の家庭"と"親が中卒で大学なんて行く必要がないと言われ続ける家庭"では自然とマインドも親のフォローも異なります。

 

この格差の拡大・貧困の連鎖を繋ぎ止めるにはどうしたら良いのか僕には分かりません。

対処療法は可能でも根本的解決は先進国で成し遂げている国はほぼ無いのではないでしょうか。

 

今後、5年10年後には今回の様な信じられないニュースを目にする機会も増えるのはほぼ確実です。

 

以下関連記事です。

<関連記事> 

www.letter-from-tom.com

 

 

www.letter-from-tom.com