お金のなる木の育て方

88年度生が株式投資で"経済的自由"を目指す!

これ書いてる"とむ@大森の米国株ブロガー"って何者??

MENU

【弱気相場突入??】これからの投資戦略について

 

昨今、株式市場は世界的に弱気相場入りも囁かれています。

2017年は1年間投資していても利益を出せた年なのではないかと思います。

 

f:id:TOM-1989:20181218231934p:plain

2017/1/1~2018/12/18のダウ平均株価

事実、振り返ってみれば2017年は割高感が囁かれながらも1年間右肩上がりの相場でした。

2018年の1月末をピークに、1年間上げ下げのある展開となり今年から投資を始めた人にとっては肝を冷やす場面も多かったのではないでしょうか。

我が家もピーク時の含み益は遥か彼方に感じ、次にその値を超えられるのはいつになることやら遠く感じています。

 

とは言え、上がるときはスルスルと上がるのも株式市場なので長い目でゆっくりと待つ気持ちではいます。

多くの投資家にとっては相場の下落局面で淡々と積立られるかが今後のパフォーマンスを決めます。

相場はコントロール出来ませんし、売買で利益を上げる才能があるわけではありません。

 

   

SPONSORED LINK

結局は

  1. 自分が信じた優良企業のポートフォリオが株式市場の上下に関わらず利益を上げ続けるのを見守る。
  2. 適切なキャッシュポジションをどう配分するか。
  3. 適宜、インデックスファンドへの追加投入。

が僕の投資の核となります。非常に単純ですね。

 

現状のポートフォリオ

f:id:TOM-1989:20181218232747p:plain

2018/12現在のポートフォリオ

 

現在は日本円にして1850万円分の米国株を個別で保有しています。

業績の見通しが立ちにくいIBMはUNPとまとめた方がスッキリしそうですね。

(不確実性の高いIBM手仕舞い方向です。)

 

UNP:UnionPacificは鉄道事業であり、これからライバルがドンドン増えてくる可能性の無い言わば寡占市場のため強力なライバル(Amazon,Microsoft,Google等)を相手にするIBMよりも安心感はあります。

 

WaltDisneyが40%を占める偏ったポートフォリオですが、以下の視点で企業を選びました。

 

  1. 他社と差別化出来るブランド力があること。
  2. ビジネルモデル上、経済的な濠があること。
  3. 営業CFに対してFCFが厚く、その多くを自社株買いに回しながら成長出来ること
  4. 利益・CFどちらの観点からも割高でないこと。

Mastercard(NYSE:MA)は現在とても割安とは言えませんが、含み益が乗っておりキャピタルゲイン税繰延のためにホールドです。業績不安も全くありません。

取得単価$89で現在$192なのでドル建てで+115%ですね。2年前の夏のボーナスを全投入しました。

 

個別銘柄はこれ以上増やす予定は今の所ありません。

 

 

www.letter-from-tom.com

 

 

www.letter-from-tom.com

 

 

キャッシュポジションについて

キャッシュポジションは1250万ありますので、これをどう有効活用するかで今後の資産の増え方が大きく変わって来る気がします。

 

2年ほど掛けて毎月50万ずつリスク資産に投入していくのが良いのかなと思っていますが、面倒くさがりなので"えいやっ"で投入してしまうかもしれません笑

 

インデックスファンドについて

これから新規で資産を投入するならインデックスファンド(emaxis slim S&P500)が良いかなと考えています。

月並みですが、理由としては以下の通りです。

  1. 手間がないこと。(これが一番大きい。)
  2. 無分配型投信で税繰延効果が期待出来ること。
  3. 定額購入出来ること。
  4. 楽天証券でポイントがつくこと(1000万円保有+毎月10万円積立で毎月1400ポイント)

 個別銘柄選ぶのは楽しいのですが、銘柄が増えると管理が大変ですので個別株のポートフォリオを維持したまま、インデックスファンドの比率を50%程度まで引き上げたいと思います。

 

   

SPONSORED LINK

 

相場が下がって毎日自分の資産額が減少するのは寂しい気持ちもありますが、長い目で見ればその時期に積み立てた資産が将来増えていきますので、多くの人にとってはそこまで悲観になる必要はありません。

むしろ長い目で見れば株価が低迷する時期は歓迎すべきです。

自分が新規で投資をしなくても、企業の自社株買いの効率も上がります。

 

www.letter-from-tom.com

 

 

色々言われている昨今の相場ですが、投資歴の長い投資家はまだまだプラスの方が多いのではないでしょうか。

僕も投資始めた最初の2年間はほぼ利益は±0だったので、大局を観て長期的には楽観視しながら積立継続できれば良いのかなと思います。

 

長期投資家の方々は一緒に調整相場も楽しみましょう(`・ω・´)