お金のなる木の育て方

88年度生が株式投資で"経済的自由"を目指す

MENU

高収益企業・ウォルトディズニーの四半期決算に見られる変化

こんにちは。

TOMです。

 

ディズニーの四半期決算

 

先日WaltDisney(NYSE:DIS)の2018Q2の決算が発表されました。

 

ディズニー

 

 

 

決算内容は悪くないが・・・

昨年同四半期の決算内容との比較です。

f:id:TOM-1989:20180513163229p:plain

 

収入は昨年比+9%、営業利益は+6%と、まずまずの好業績でした。

純利益は+23%の大幅増ですが、これは昨年か今年の営業外で大きな損益があったためと考えられます。

 

フリーキャッシュフローFCFは+48%増と大幅上昇でした。

しかし、決算翌日の株価は-2%の下落でした。

原因はその内訳です。

 

 

セグメント別収益が嫌気

 

f:id:TOM-1989:20180513164238p:plain

全体的に収益は上向きでしたが、メディア部門の営業利益が減少しています。

全体の収益は+6%でしたが、収益の半分近くを占めるメディア部門の減益を市場は嫌気し売りを呼びました。

 

メディアの主役がテレビからネットストリーミングサービスに映りつつあるのは時代の流れですし、致し方のない部分はあると思いますので売上自体が増加している点は評価すべきかと思います。

 

ディズニーもストリーミングサービスへの移行を進めているので、それに伴う投資が増えたのでしょう。

 

 

キャッシュフロー計算書を見ると…

f:id:TOM-1989:20180513170825p:plain

 

あれ?

自社株買い(Repurchases of common stock)が減少しています!!

/(^o^)\

 

f:id:TOM-1989:20180513171131p:plain

 

ここ3年ほどディズニーは株価がくすぶっております。

収益はそれほど大きな問題は無いのですが、メディア部門が振るわないため市場は懐疑的です。

株価収益率は約15と低めです。

 

こういうこそ積極的に自社株買いをお願いします!ディズニーさん!笑

 

ネットスクリーミング準備のための投資が昨年比較で3倍($500M⇒$1,500M)に増加しているから仕方がないと言えば仕方がないんでしょうか…。

 

その投資分、ネットスクリーミングサービスでは反撃の狼煙をお願いしますね。ディズニーさん。

 

 

おわりっ

 

 

 

関連記事です。

 

www.letter-from-tom.com