お金のなる木の育て方

88年度生が株式投資で"経済的自由"を目指す!

これ書いてる"とむ@大森の米国株ブロガー"って何者??

MENU

配当を取り戻せ!確定申告・外国税額控除の巻

さて、確定申告の季節がやって参りました!

 

f:id:TOM-1989:20180225080518p:plain

 

 

なんか学生の時って"確定申告はたまにしかやらないもの"ってイメージでしたが、社会人5年目で既に3回目の確定申告です。

 

不動産投資したり、マイホーム買ったり、ふるさと納税やってるから仕方が無いんですけどね。

 

結構この週末とか確定申告の準備してる方多いのでは??

 

<目次> 

 

 

確定申告とは…

 確定申告とは、昨年1年間の自分の収入や税金の還付を申請することです。

普通にサラリーマンしている人はそこまですることは無いのかもしれません。

 

 

サラリーマンでよくあるケースは以下の通りだと思います。

 

・副業をしていた、利益が出たから申請する。(赤字でも申請可能)

株式投資での損益申請

・不動産投資の損益申請

・寄付をしたことの申請(寄付すると税金が安くなります!)

・マイホーム購入による住宅ローン減税申請(初年度のみ)

・医療費がたくさん掛かったから医療費控除申請

 

今回、我が家では以下の件から確定申告をします。

 

・投資用不動産売却

⇒2014年に購入したマンションを去年売却したため

ふるさと納税申告

⇒寄付金を取り戻すため

・外国税額控除

⇒米国株式の二重取り配当を取り戻すため

 

 

さて、我が家では今年初めてこの国税額控除の申請を行います。

 

国税額控除とは…

基本的に米国株投資をしていると予め米国で10%の税金が引かれ、そこから更に日本国内で20%の源泉徴収が行われます。

 結果として支給された配当額の90% x 80% なので、72%しか手元に振り込まれません。

日本国に住んでいる以上、ルール通りの税金は日本に払わないといけません。

 

しかし、米国からも税金は引かれているわけです!

 

以上のことから、"二重取りされてる税金の一部を返して下さい!"というのが外国税額控除です。(非常にざっくりとした説明です。)

 

 

それでは早速確定申告に行ってみましょう!

 

<スポンサードリンク>

 

 

 

準備編

私はマネックス証券を使用していますので、その画面を使用して紹介します。

f:id:TOM-1989:20180224171935p:plain

 

TOPページ>保有残高・口座管理>書面>電子交付書面をクリックします。

 

すると以下の様なページに飛びますので、このページの中から上場株式配当等の支払通知書を選択して呼び出します。

 

f:id:TOM-1989:20180224172243p:plain

 

するとこんな感じで該当期間の円建て受取配当一覧が表示されます。

 

f:id:TOM-1989:20180224172514p:plain

同じ株式・株数からの配当でも金額が微妙に違うのは為替の影響が乗るからです。

 

配当金の金額:外国企業から支払われた金額

外国所得税の額:外国源泉徴収された金額

所得税地方税日本源泉徴収された金額

 

ここでは個別の支払履歴しか記されていませんので、"配当金の金額""外国所得税の額"は合計して控えておきます(確定申告の書類に使用します。)

 

確定申告編

まず、当たり前ですが確定申告のために国税庁のHPに飛びます。

グーグルとかで"確定申告"で検索すれば一番最初に出る(であろう)サイトです。

www.nta.go.jp

 

 

 

するとこんな感じのサイトに飛ぶと思うので、"確定申告書等作成コーナー"をクリックしましょう

f:id:TOM-1989:20180225082016p:plain

 

 

次に、書類の作成のボタンがありますので、そこをクリック!

色々、聞かれますが該当する項目をポチポチ押していきます。

 

f:id:TOM-1989:20180225082115p:plain

 

すると、所得税の申告ページに行きます。

f:id:TOM-1989:20180225082651p:plain

 

 

たくさん記載する項目があると思いますが、まずサラリーマンの皆さんは源泉徴収票を見ながら、給与所得の該当項目を埋めていきましょう。

 

その後、数ある項目の中から下記の"外国税額控除"をクリック!

 

すると、次のような画面が現れます。

 

f:id:TOM-1989:20180225082727p:plain

金額以外はわりと適当(?)な気もしますが、

"こんなものかな〜"と項目を埋めていきます。

 

<スポンサードリンク> 

 

 

 

 

下の項目は初めての確定申告の場合は不要??かと思いますので、空白のままにしておきます。(本当にこれでいいのか?笑)

 

f:id:TOM-1989:20180225083541p:plain

 

 

 

あとは申告が終わったら書類をまとめて、期限までに税務署に送付すれば完成です

\(^o^)/

 

 

私の場合は、昨年1年間で米国に¥14,934税金を支払いました。

(NISAで購入した分や、妻の口座の分は含まれていません。NISAは制度的に出来ないので・・・)

 

計算した結果、そのうちの¥10,829が還付されるとのことです。

 

感想

 

f:id:TOM-1989:20180225092837p:plain

もっと金額が大きくなればスケールメリットが出るのでしょうが、このためにわざわざ確定申告するのはちょっと面倒な気もします(笑)

 

ふるさと納税や他の申告と併せてやる分にはあんまり手間は感じませんでした。

 

みなさんも確定申告は3/15までなのでお忘れなく

(  ^_^)/

 

 

確定申告を簡単に自動化してラクする本 2018年版MFクラウド確定申告公式ガイド

確定申告を簡単に自動化してラクする本 2018年版MFクラウド確定申告公式ガイド

 

 

賢くお金を取り戻す! 確定申告&節税 (TJMOOK)

賢くお金を取り戻す! 確定申告&節税 (TJMOOK)