お金のなる木の育て方

88年度生が株式投資で"経済的自由"を目指す!

これ書いてる"とむ@大森の米国株ブロガー"って何者??

MENU

【注意】投資ブログを読むと感覚が麻痺します

 

ブログ閲覧の副作用

 

私は結構皆さんの投資ブログを徘徊するのが好きです。

 

 

 

しかし思わぬ副作用が!

 

 

 

確実に"ブログ界"と”世間”に大きなギャップを感じます(笑)

 

 

 

地元に帰省して強く感じました。

 

"投資ブロガー"はその存在が優等生!?

 

手前味噌で大変申し訳ありませんが、有名無名に関わらず投資ブログをして投資に努めているという時点で相当世間と比較して相当ファイナンシャル・リテラシーが高い部類に入るのでは?と地元の友人と話していて感じました。

 

事実、20代で投資をしているという人は5%ほど。(下図)

最早投資しているだけで世の中的にはかなり稀有な存在だと言うことがわかります。

 

f:id:TOM-1989:20180105164515p:plain

世論調査より

 

普段から様々な先輩ブロガーの投資ブログを拝見していると、投資することが普通に感じてしまうので、世間と確実に感覚がズレます。

 

学生時代の友人とのギャップ

帰省して大学や高校の友人と会いました。

 

大学の友人

投資をしている人 0人/6人

ソシャゲをする人 4人/6人

ソシャゲに定期的に課金する人 2人/6人

ギャンブルする人 4人/6人

 

高校の友人

投資をしている人 0人/4人

ソシャゲをする人 3人/4人

ソシャゲに定期的に課金する人 1人/4人

ギャンブルする人 1人/4人

 

 合わせて10人の友人と会いましたが、投資をしている人は皆無でした。

一方で、ソシャゲやギャンブルをする人は半数以上います。

 

 投資ブロガーの皆さんと接する(一方的に読んでるだけですが)機会が多いと投資が一般的で身近なもののように錯覚してしまいますが、現実はまだまだ投資が一般に浸透していないという印象を受けました。(まだ20代ということもありますが…。)

 

投資よりもソシャゲやギャンブルに時間やお金を費やしている人のほうが圧倒的多数派でした。

ソシャゲの話をされて盛り上がられても私は輪に入れません(涙)

 

同じようにダウ平均$25,000-のことで盛り上がれる友人が私も欲しい〜!!(切実)