大森の投資家TOMからの手紙

88年度生のゆとりサラリーマンが3000万円を株で運用!

MENU

投資は自己責任だが、しないのも自己責任。

↑↑↑応援ありがとうございます!クリック頂けると励みになります!  

 

会社員の皆さんはボーナスの時期ですね。

 

皆さんの使いみちは既に決まっていますか??

 

私はもちろん株式の購入資金にしようと思っています。

 

 

  

世間のボーナスの使いみちは?

世間の皆さんのボーナスの使いみちは何でしょうか?

 

マイナビさんが調査されたみたいなのでその記事を紹介しようと思います。

 

news.mynavi.jp

f:id:TOM-1989:20171207212441p:plain

 

1位は王道の"預金"

これは例年変わりませんね。

日本人は貯金大好きですからね笑

 

3年前から年々その割合が増えているのは見逃せません。

 

老後に関する不安や先行きへの不安感が如実に現れています。

 

下流老人や老後破産、年金不安や大企業の不祥事などで将来に対する備えを益々しっかりしておきたいという気持ちなのでしょうか。

 

 

株への投資は超マイノリティ!

 

世間では投資をする人が増えていると言ったような報道がされていますが、実態を調べてみるとまだまだ大衆に投資が浸透しているとは言えない状況だと思います。

 

この調査の結果だと、株式への投資を考えている人は2%に満たないとのことです。

 

投資しないのも自己責任

 

投資するのも自己責任ですが、投資しないのも自己責任です。

トマ・ピケティ教授の研究より労働所得よりも投資収益の伸びのほうが常に高いことは示されているので、投資をせずに豊かになれないのも自己責任です。

 

 

21世紀の資本

21世紀の資本

 

事実、賃金の伸びなど2%程度ですが(月給25万円なら年間の昇給は5,000円程度)、米国企業は基本的に毎年の増配はざっくり少なめに見積もっても5%程度あります。

 

同じ年収500万円の人でもその内訳に占める配当の割合が多い人の方が収入の伸びが大きいことを意味します。

 

にも関わらず、多くの人は100%勤労所得の状態で"賃金が伸びない"と不満を言います。

不満を言う前に自分の無知を認識すべきです。

賃金の伸びに期待ができた無いことなんてとっくに証明されてテレビやメディアでも取り上げられているのですから。

 

節制して毎月の余剰金を投資に回せば、年収に対する配当所得の割合を増やすことが出来ます。

 

データから類推するに

世の中の人は貯金ばかりしているにも関わらず"生活が苦しい"と言い、その矛先を政府に向けて、その責任を押し付けています。

 

他所に責任を押し付ける前に自分の行動を省みるべきです。