大森の投資家TOMからの手紙

88年度生のゆとりサラリーマンが3000万円を株で運用!

MENU

【全投資家必見】ダウが最高値更新!それがどうした!!

↑↑↑応援ありがとうございます!クリック頂けると励みになります!  

 

米国市場が絶好調です!

 

ダウ平均株価は先日$24,000を超えて史上最高値を更新しています。

 

このニュースを聞いたりすると決まってYahoo!のコメント欄には

 

"今は市場が割高だ。"

"バブルはいつか弾ける"

 

など悲観的な意見が出ます。

 

また、一方で

"まだまだ上がるぞ"

 

などの意見も見かけます。

 

一体どちらが一体正しいのでしょうか?

私にはわかりません。

 

ただし、最高値だから割高と結論付けるのは尚早です。

 

経済というものは拡大していくことが前提なので、"株価が最高値を更新し続ける"というのはある意味正常なのです。

 

ダウが最高値だからと保有銘柄を売却したり、ポジションを調整する人は少なからず居ます。

 

しかしそれは過去の歴史を振り返ると誤りです。

 

以下は過去30余年のダウ平均株価のチャートです。

 

f:id:TOM-1989:20171204000703p:plain

 例えば、以下のルールで取引したとします。

 

・最高値を更新したら売却(青丸)

・暴落したら底値で投資(赤丸)

 

その結果、株式を保有している期間は下の緑線で表示しています。

 

保有していない期間のほうが保有している期間よりも長くなりました。

 

当然、この間の配当収入も逃しますし、保有していない期間にもガンガン株価は上昇しています。

何も気にせずにバイ・アンド・ホールドで放置をしていたほうがリターンは高くなります。

 

実際には上のシミュレーションと異なり、底でしっかり毎回拾えることはほぼ不可能ですし、短期的な売買を繰り返して傷を広げるでしょうから更に悪い結果に終わる可能性が高いです。

 

 

 最高値でも、気にせずホールド!

 

ただし、暴落時に買い付けられる資金を少しは持っておいたほうが良いかも!

というのが私の考えです。

 

※ただし、日本の不動産バブル時のようにPERなどが異常値であったら要注意です。