お金のなる木の育て方

88年度生が株式投資で"経済的自由"を目指す!

<旧・大森の投資家TOMからの手紙>
MENU

DINKSの凄さを改めて感じた話

 ↑↑↑応援ありがとうございます!クリック頂けると励みになります!  

 

ブログを初めて今までの自分の資産状況の推移などを載せようかなぁと思って過去の家計簿とかを調べていたのですが、結婚して

共働きになるって資産形成の上でかなり重要だなぁ

と感じた話をしようと思います。

 

去年の春に我が家はMoneyForwardに家計簿を完全移行しました。

しかし、MoneyForwardに家計簿を移す前(就職してから3年間)は表計算ソフトにて自分で家計簿をつけて、月末に資産状況を整理していました。

 

要は毎月P/LとB/Sをつけて管理していました。

 

その家計簿を呼び起こして自分の今までの資産形成を振り返ってみました。

 

自分で家計簿をつけていた3年間の推移は以下の通りになっています。

 

f:id:TOM-1989:20171203143201p:plain

この時までは安いアパートに住んでいたため生活費もあまりかからずに生活出来ていました。

 

資産も毎月順調に20万円前後ずつ増えていますし、ボーナス月も特に無駄遣いはしておらず殆ど貯金or株式投資に費やしています。

 

この間の収支は家計の収支+資産運用の収支の合計です。

 

この頃の略歴は以下の通りです。

2013年4月:就職(学生時代の貯金10~20万?程度)

2014年5月:不動産投資を開始。(社会人1年目の貯蓄200万円を頭金にする)

2014年10月:FXにて-75万円の損失。投機の才能の無さを自覚する Σ( ゚∀゚)・∵. グハッ!!

2014年11月:米国株式投資を開始。(現在進行系)

 

 

と、紆余曲折ありながら社会人3年間において構築した純資産は約800万円でした。

*純資産 = (流動資産 + 固定資産(減価償却込)-負債)

 

不動産投資は毎月3万円ほどの利益(CFではないですよ。)が出ていたのですが、株式投資のほうは社会人4年目(2016年)まで殆ど利益らしい利益は上がっていませんでした。

 

結婚して妻の資産や両家親からの援助を足して2016年4月には一気に1,700万円まで我が家の純資産が膨らみました。

 

2016年は自宅マンション購入や結婚式、新婚旅行など人生の一大イベントを一気に済ませて貯金は殆どできませんでしたが、株式の配当・値上がりと不動産のインカムゲインで純資産は2,000万円を突破しました

 

2017年

この年にマンションを売却して、キャッシュが600万円増えたので(負債は依然300万円ありますが)、IBM,DIS,TGTなど米国株式への投資を拡大。

 

この1年で株式投資の利益も更に100万円程増えました。

 

2017年は11月時点で夫婦手取り収入910万円-支出450万円=貯蓄460万円

 

と500万円程資産が増えたため現在我が家の純資産は2,650万円になったという経緯です。(不動産投資時の負債の300万円は返済中なので、手元流動資産2,950万円ということです。)

 

1年で460万円も貯蓄出来る共働きってすごっ!

 

結婚してからのほうが資産が増えるスピードはやはり格段に上がると思います。

 

資産運用の力もありますが、自宅購入や結婚式などのイベントがあったにも関わらず結婚して2年も経たずにして純資産が1000万近く増えた経過をみて改めて感じました。

 

 

手取り20万円の妻が働かなくなったら一気に毎年の貯蓄額が240万円も減少してしまいます

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

人生には貯め時が3回あると言います。

1.DINKS時代(←我が家がまさに今ここ)

2.子供が3~6歳の間(~2歳までは保育料が高い)

3.子供の手がかからなくなった時

 

今は人生の貯め時!!

 

なので、削れるところは削り、楽しむところは楽しみながらなるべく資産を増やして行きたいと思います。

(DINKSのときじゃないとやり難いような旅行などは惜しまず行っておきたいですね^^; )

 

そして、その後はその資産が自動的にお金を運んでくれるようなシステムを構築していこうと思います。 

 

言ってる意味が腑に落ちない人は"金持ち父さん貧乏父さん"読みましょう!笑