お金のなる木の育て方

88年度生が株式投資で"経済的自由"を目指す!

これ書いてる"とむ@大森の米国株ブロガー"って何者??

MENU

ビットコインの価格が上がり続ける理由

↑↑↑応援ありがとうございます!クリック頂けると励みになります!  

 

最近、ビットコインの値段が上がり続けています。

 

f:id:TOM-1989:20171021130344p:plain

 

 

f:id:TOM-1989:20171203194436p:plain

 

https://bitflyer.jp/ja-jp/bitcoin-chart

 

この件については、以前触れたことがありますがビットコインの値段が上がり続けている理由は何だと思いますか?

またはいくらが適正価格だと思いますか?

 

www.letter-from-tom.com

 

 

少なくとも自分には適正価格はわかりません。

適正価格以上のものに対価を払うべきではないというのが私のスタンスです。

投機が下手なのは充分自覚しているつもりです笑

 

現在値段が上がり続けている理由は

"これから値段が上がる"

と皆が考えているからです。

 

要は自分が支払う価格が適正な価格かどうかというのは関係がありません。

 

自分が割高な価格を支払ったとしても、次々と現れる"バカ"にもっと割高な価格で売りつければ良いというのが買う人の理屈です。

 

しかし、その"バカ"もいつか弾切れになります。

買い手が尽きたときに価格は急落します。

これは過去の歴史から必至です。

 

オランダのチューリップバブル、イギリスの南海泡沫事件、日本の不動産バブル、米国のITバブル等枚挙に暇がありません。

 

しかし、短期的に手っ取り早く稼げる話の種に人間は弱いものです。

バフェットも言うように、

"人々が過去の歴史から学ばないことを我々は学ばなければいけない"

のです。

 

冷静に考えれば分かると思うのですが、株式や不動産の様に経済的付加価値の付かないビットコインの価格が短期で上がり続けて買った人皆が利益を得るとすれば、その利益はどこから湧いてくるのでしょうか?

 

以下、私の好きな言葉を紹介して閉めたいと思います。

 

 

なぜ人間の記憶は、かくも短命なのであろうか。なぜ繰り返し起こる投機ブームは、過去の教訓を一つも生かそうとしないのだろうか。私には、適切な答えは思い浮かばない。

(中略)

市場で常に損をする人たちというのは、大小様々のチューリップ・バブルの魅力に抵抗できないタイプの人達である。株式市場で金儲けをすることは、実際、それほど難しいことではない。むしろ難しいのは、短期間に手っ取り早くお金を儲けられそうな投機に、お金を注ぎ込みたくなる誘惑を振り払うことの方である。

ウォール街のランダムウォーカーの著者:バートン・マルキール