お金のなる木の育て方

88年度生が株式投資で"経済的自由"を目指す!

これ書いてる"とむ@大森の米国株ブロガー"って何者??

MENU

長期投資家に頻繁なニュースチェックは必要なし!

↑↑↑応援ありがとうございます!クリック頂けると励みになります!  

 

 

今回は私の"頻繁なニュースチェックは必要ないなぁ"と思った事例について雑感を記していきたいと思います。

 

 

株式投資は情報戦?

 

株式投資をしていると株式投資は情報戦であり、"日銀の重大発表"や毎月第一金曜の"雇用統計"の時にはPCのモニタに貼り付いていたりする必要があると思われています。

また、実際にそうしている方も知っています。

 

しかし、私はそんなに血眼になって情報を早く得る必要は無いと思います。

 

自分が市場参加者の中では弱者であると認識しよう!

 

他人の動向を読み取りそれを出し抜くような投機では情報戦は大事になってきます。

しかし、市場参加者の9割はプロのトレーダーです。

 

我々(?)サラリーマン投資家や個人で取引をされている方とは情報の量、質ともに違います。

 

プロ相手では我々は圧倒的なハンディキャップを背負っています。

"他人の動向を読み取りそれを出し抜く"行為は投機ですが、この場合、我々個人投資家が出し抜かれる結果に終わることのほうが多いのです。

 

なので、不利な戦いは避けるのが賢明です。

 

そして不利な戦いを避けると決めた以上は、秒単位の情報戦など不要になります。

 

本当に必要な情報は勝手に入ってくる!

血眼になって情報を探さなくても本当に大切な情報は自然と耳に入ってきます。

 

例えば、2015年から2016年頭の原油価格の暴落。

記憶に新しい方もいらっしゃると思いますが、この時期は原油価格が暴落し直近高値の$100超から$30程度に暴落(約70%下落)しました。

 

 

f:id:TOM-1989:20171119204309p:plain

 

そしてこの時、ニュースでも原油価格について騒がれていましたし、Yahoo!ニュースのTOPにもしばしば原油価格について取り上げられていました。

 

 

大衆が見るニュースにも登場するようなニュースは"明らかな異常"が起こったときのニュースです。

 

そして長期的に見れば"明らかな異常"はいつか修正されます。

 

リアルの投資仲間の方とこのWTI原油価格について当時話したときも、$30近くまで下がってたときに"まだまだ下がるかもしれないぞ"という話をしていました。

 

人間は"現状"の事案については暫く続くと思ってしまうものです。

 

しかし実際は、原油価格も底値の$30から現状$55まで約+100%の上昇になっています。

 

その投資仲間の方はWTIへの投資も考えていたみたいですが、結局機会を逃してしまいました。

(ちなみに、原油などのコモディティは経済的な付加価値を生まないため、正しくは投資ではなく投機です。価格のボラティリティのみを狙った行動のため。)

 

株価が暫く上がっているときは、この先もどんどん上がってしまうような気がして手を出したくなってしまいます。

逆に、株価が下がっているときはまだまだ下がると思って手を出すのが怖くなります。

 

 しかし、"明らかな異常"はいつか必ず修正されます!

 

 

 

あまりに多くのニュースを耳にすると情報過多で疲れてしまいますし、常に正しい判断が出来る訳ではありません。

 

少なくとも得たニュースで他人より素早くたち振る舞おうとは思わないほうが賢明でしょう。

 

我々長期投資家はYahoo!のトップ記事の見出しを見るだけでも充分なのかもしれません笑

 

 

ウォーレン・バフェットも過度に頻繁な情報収集は必要ないと考えていますし、それを表すように下のように述べています。

 

 

郵便が3週間遅れて届くような田舎に住んでいたほうが、

優れた運用成績を残せるかもしれません。

ウォーレン・バフェット

              

 

 

大森の投資家TOM