お金のなる木の育て方

88年度生が株式投資で"経済的自由"を目指す!

これ書いてる"とむ@大森の米国株ブロガー"って何者??

MENU

amazon primeの新サービスが秀逸!

こんにちは!TOMです!

Amazon Primeとは

Amazon Primeというサービスをご存知でしょうか?

僅か¥3,900-の年会費を払うだけで加入でき、Amazonの様々な特典を受けられます会員サービスです。


f:id:TOM-1989:20171005234721j:plain


そしてそのサービス内容が“この年会費で⁉”と思えるほど充実しているんです!

TOMが特にいいなっと思ったものをいくつ紹介します。

1.amazon dash

f:id:TOM-1989:20171005235234j:plain

これはホントに便利です。

日常の買い物の手間が大幅に省けます!

日常的によく消費する日用品のそばにこのボタンを押して、切れそうになったらボタンを押すだけ!

このボタンが家のwifiに繋がり、スマホなどの端末を介さずにAmazon経由で商品の注文が完結します。
ボタンを連打しても、1回の注文が完了するまでは重複されません。


f:id:TOM-1989:20171005235928j:plain


我が家では冷蔵庫にこの様に貼っております。


余談ですが、このボタンでIOTを身近に感じました。
IOTとは"Internet of Thing"の略です。
従来は、インターネットにつながるためにはPCやスマホの電子端末が必要でした。
しかし、これからの社会はあらゆる"モノ(things)"がインターネットに繋がります。

これにより、社会がより便利になるよう有益な情報収集が可能になりますし、私達の生活にもこのように利便性がもたらされます。


2.amazon prime video

f:id:TOM-1989:20171006000342p:plain



結構、いろんな映画やドラマが見られます。

少し前にやっていたドラマも全話無料で見られたりします。
私は最近、湊かなえさんの"Nのために"を全通しで見ました。

f:id:TOM-1989:20171006000847j:plain


また、今年の映画の話題作なども500円程度で見られることがありますので、興行直後に映画館に行くのを堪えて(笑)
amazon prime videoに登場してから観たりもします。

妻と普通に映画館に行くと
飲み物やお菓子も少し買うと¥5,000-くらいになってしまいます。

このamazon prime videoで観て、コンビニでお菓子やジュースを買ってもその差額だけで年会費のもとが取れてしまいます!


新サービスamazon prime reading


今回の新サービス!
それは、amazon prime reading


これこそ私が真に求めていたサービスです!

かなりの書籍・雑誌が読み放題!

どんな本があるのか物色してみようとした矢先、まさに私が最近読もうとしていた本"仕事は楽しいかね?"を発見!

f:id:TOM-1989:20171006001905j:plain

一気にこのサービスの好感度UPです笑


色々物色して使い勝手なども試しながら使いこなしていきたいと思います(^o^)

日々の生活、休日がこれでかなり捗りそうです



f:id:TOM-1989:20171006002035p:plain