お金のなる木の育て方

88年度生が株式投資で"経済的自由"を目指す!

<旧・大森の投資家TOMからの手紙>
MENU

はじめまして。投資とお金と人生のブログを始めました。④

こんにちは。TOMです。

 

本日は私のポートフォリオと本ブログの趣旨の紹介をしようと思います。

 

米国株投資家 or まだ始めてないけど米国株に興味がある投資家の方々の参考になれば幸いです。

 

 

f:id:TOM-1989:20170916073040j:plain

 

これが私のポートフォリオです。

 

上から順に

 

ITインフラ、30代以上の方?にはthinkpadでおなじみのIBM

女子は皆大好き?Walt Disney

日本ではガソリンスタンドでおなじみのRoyal dutch shell

アメリカの大手小売企業 TARGET

クレジットカードでおなじみのMaster Card

富裕層向けクレジットカードのAmerican Express

バドワイザーやコロナを販売する世界一のビール会社Anheuser-Busch InBev N.V.

ウォーレン・バフェットのお気に入り銘柄・米国の銀行Wells Fargo

etc....

 

総額$170,000-、日本円にして1850万円以上です。

 

改めて文字に書き起こしてみると結構大きな額を運用している気がします…

((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

 

 

 

そして、下が各銘柄別の配当込みリターンです。

 

 

f:id:TOM-1989:20170916073300j:plain

 

 

配当再投資まで含めたリターンは追いきれないため、純粋に"含み損益+受取配当金"の合計です。

 

株資産の半分を投入しているIBMとDisneyが配当込みでも含み損です笑

 

悔やまれるのが、20万円ほどしか投資しなかったフィリップモリスインターナショナル(PM)

配当込みで70%以上のリターンです。

 

購入当時は社会人2年目、不動産購入後ということもあり手元資金も乏しかったためそこまで資金を投じれませんでした(泣)

 

まぁ、現実はこんなものかと思います。これがリアルです笑

 

しかし、受取配当金の推移は右肩上がりです。

 

f:id:TOM-1989:20170916082628j:plain

 

米国株の配当は四半期(3ヶ月)ごとの配当が殆どです。

 

ですので、受取配当金も四半期ごとにまとめています。

Q1:1〜3月

Q2:4〜6月

Q3:7〜9月

Q4:10〜12月

 

2014年10月から米国株投資を開始し、約3年。

 

四半期の手取り配当金が$1,000を超えました。

 

これは、

 

①毎月の給料 + 賞与を投資に回した。

②受取配当金を再投資した。

保有銘柄が毎年順調に増配している。

 

 

という3つの要因が起因しています。

 

資産規模が小さいときは配当が増えるのに最も起因するのは①です。

 

 

しかし、資産規模が大きくなり、毎年の受け取る配当が大きくなってくると②や③のほうが支配的になっていきます。

 

 

その資産規模目安はおよそ2,000万円程度です。(配当利回り、配当成長率により差はあります。)

 

 

それを超えると、雪玉が転がる斜面がどんどん急勾配になるように加速度的にかつ自動的に配当は増えていきます。

 

 

 

(これ以上配当戦略について述べると本記事の趣旨からずれますので、詳細はまた別の機会に述べたいと思います。)

 

 

 

 

四半期ごとの配当が$1,000ということは、

毎月¥40,000の不労所得があるということです。

 

不労所得があるということは

時間が出来る(≒労働時間を減らしても生活水準を維持できる。)

ということです。

 

仮に所得税率20%、住民税率10%(合計30%)と仮定します。

毎月¥40,000の手取りを増やそうと思うと、毎月¥60,000分給料を増やさなくてはいけません。

(¥60,000 x 70% ≒ ¥40,000)

 

残業代が¥2,500/hの正社員と仮定して¥60,000を稼ぐためには24hの残業をする必要があります。

(¥60,000 /  ¥2,500/h  =  24h)

 

 

これは自分の資産が毎月24時間、自分の代わりに残業してくれているのと同じですね笑

 

 

このように、不労所得が増えてくると、自由時間が増えていきます。

 

しかもこれは永続的に続きます。

 

 

世間一般の感覚とずれているかもしれませんが、私は

 

"若いうちは何が何でも種銭を増やし、不労所得を増やす。 その結果余裕ができた時間で人生を謳歌する。"

 

というのがひとつの正解だと思います。

 

 

配当収入を増やして、お金持ちならぬ時間持ちになって人生を謳歌しませんか?というのがこのブログの1つの趣旨です。

 

(その結果お金持ちにもなるわけですが笑)

 

 

お金は使ってしまえばすぐに消えていまします。

 

しかし、収益を生み出す資産に変えておくことで永続的にその資産は収益を増やし続けます。

 

お金を使う順番としては

 

☓ 稼ぐ ⇒ 使う

○ 稼ぐ ⇒ 資産に変えて不労所得を増やす ⇒時間持ちorお金持ちになって使う。

というのが大切になってきます。

 

 

このお金を使う順番はめちゃめちゃ大切です。

 

しかし考え方は人それぞれ。

 

"若い内の経験は若い内しか出来ない。だから若いうちは貯金などするな"

という考えもあると思います。

私もその考えには理解できます。

 

 

しかし、中には

 

++++++++++++++++++++++++++

"お金持ちになりたい。"

"もっと時間にゆとりを持った生活をしたい。"

"仕事ばかりではなく家族ともっと時間を過ごしたい。"

"もっと言えば30代でアーリーリタイアしたい。"

 

しかし、そのやり方が分からない。

++++++++++++++++++++++++++

 

 

という方も大勢いらっしゃると思います。

 f:id:TOM-1989:20170916091921p:plain

 

 

私はまだ弱小投資家ですが、近い将来に上記の望みを叶えられると確信しています。

 

その過程を綴り、再現性のある方法で実現出来、その過程を後世振り返る事ができれば、将来上記のような望みを叶えて充実した人生を送りたいと心から望む人たちの指針になれれば幸いと思い本ブログを立ち上げました。

 

 

以降もその様子を逐次綴っていきたいと思っています!

以上、4回に渡って続いた自己紹介記事でした。

皆様これからよろしくお願いします。