大森の投資家TOMからの手紙

88年度生のゆとりサラリーマンが3,000万円を株で運用!

MENU

自己紹介

プロフィール

ニックネーム:TOM

性別:男性

出身地:東海地方

住所:大田区大森

職業:会社員

 

自己紹介

投資好きな会社員TOMと申します。

はじめまして。

f:id:TOM-1989:20180304212757p:plain

 

まずは簡単な自己紹介します。

1988年度東海地方生まれの会社員です。

東京で普通の会社員をしております。

 

<小・中学校>

小学校・中学校と地元の公立校で平和に過ごしておりました。

小学校・中学校とゲームばかりしていた記憶があります。

 

ファミコンスーファミ・プレステ(初代)はかなりやり込みました。

 

勉強は国語が苦手だった以外は無難にこなしていました。

しかし如何せん性格が大雑把なため提出物などはマメではなく通信簿の方はいまいちな学生でした笑

(ブログはマメに続けられたらいいなと思います)

 

模試成績はだいたい上位10%くらいで、特別に秀でたわけでもなければデキが悪かった部類でも無いと思います。

 

歴史は趣味と言えるほど好きで、戦国時代が特に好きでした。

信長の野望”というゲームをやりこんでいたのもこの時期です。

 

<高校>

高校は受験勉強を頑張って地元の公立進学校へ(ギリギリ)進学しました。

その中での入ったときの成績は中の下?くらいで補習も複数回受けたことがあります笑

文理選択の際は得意科目は英語・数学、苦手科目は理科・国語と、どちらとも言えない状況だったのですが、理系に進むことに決めました。

 

理由は

1)やりたいことが決まっていなかったため潰しの効きそうな方に。

2)当時好きな子が理系に進んだこと。(←不純)

というどちらもしょうもない理由です。 

 

理系なのに、高校2年の冬まで化学が絶望的にわからなくて、全国偏差値も40前後でした。

しかし、長期休暇の際に東北の祖母の家に遊びに行った際に周りの積雪が凄くて出掛けたり出来ず、やることがありませんでした。

 

そこで、1週間ほどずっと化学の勉強をしてたら今までの理解が嘘のようにスルスルと頭に入ってきて2月の模試では一気に化学の偏差値60くらいまで上がっていきました。

 

この経験から、

"物事の成果が出るまではある程度時間が掛かること"

"苦手なことでも集中して取り組めばなんとかなる"

を学びました。

 

<大学・大学院>

一気に化学が得意になった私は大学もそのまま化学系の学科へ進学します。

家庭教師のアルバイトとお惣菜屋さんのアルバイトを行いました。

 

大学時代にしか挑戦できないようなことがしたいと思い、自転車で日本最北端・本土最南端まで自転車走破しました。

また、ヨーロッパ7ヶ国ほど友人と自転車旅をしました。

(アーリーリタイアしたらまた学生時代のような時間に縛られない旅行を是非やってみたいですね。)

 

海外で仕事をする際にも困らないように英語は勉強しました。

特に他の資格はありませんでしたが、英語の資格は履歴書映えするくらい取れたと思います。

 

また、就職活動の際には人生に一度しか無い新卒就活だったので様々な会社を受けました。

 

総合商社やIT企業など様々な会社を見て回りました。

せっかく働いくなら年収の高い会社がいいなと思っていたので、年収と休みの取りやすさ、業種と利益率で会社を絞って探しました。

そして最終的には一部上場の一般知名度ゼロのメーカに決めました。

 

また、投資に興味を持ち始めたのもこの頃です。

ベストセラー”金持ち父さん貧乏父さん”を読んだことがキッカケでした。

当時まだ働いていない身分で生意気ですが、一生会社に縛られる生活は送りたくないと考えるようになりました。

 

<社会人>

メーカに就職し、現在はもちろん本業メインで投資生活も楽しみながら送っております。

不動産投資をしてみたり、FXで大損を出したり紆余曲折ありましたが、現在は外国株式(国内でも良い企業があれば投資しますよ!)の長期投資一本でやっております。

 

ただ、長期投資ってパフォーマンスは良いのですが、やることが無くて殆ど暇なので情報交換や情報発信が出来る場があると楽しいなと思い立ったことも本ブログを立ち上げた理由のひとつ。

 

 

<属性と年収推移>

・開発系サラリーマン

・転職歴無し

・既婚子無しの共働き

 

 

1年目:300万円代

2年目:600万円代

3年目:700万円代

4年目:800万円代

5年目:900万円台

<Follow me!>