大森の投資家TOMからの手紙

88年度生のゆとりサラリーマンが3000万円を株で運用!

MENU

投資家と会社員は決して相容れない存在

こんにちは。

大森の投資家TOMです。

 

<目次>

 

日本における株式投資は胡散臭いもの

 

f:id:TOM-1989:20180418165321p:plain

株式投資をしているひとは、そのことを他人に話したことはありますか?

 

全く話したことない。

殆ど 話したこと無い。

身近な人にしか話していない。

普通に話している。

 

など、いろんな人がいるのではないでしょうか?

 

 基本的に日本の、特にサラリーマンは株式投資をしていることを人に話さない方が無難です。

 

株式投資を始め、投資全般は基本的に胡散臭いものと認知されています。

そのため

 

投資 ⇒ 怪しい・胡散臭い

投資家 ⇒ 怪しい・胡散臭い

 

という図式が自然と成り立ってしまいます。

 

 

ファイナンシャルリテラシーの欠如

そもそも大前提として日本では他の先進国に比べてファイナンシャルリテラシーが欠如していると言われています。

 

 

f:id:TOM-1989:20180418151811g:plain

<https://www.austrade.gov.au/News/Economic-analysis/australia-has-the-highest-financial-literacy-rate-in-the-asia-pacific-region>

 

世界的に調査したファイナンシャルリテラシーのテストの結果です。

(正確には正答率が高い人の割合)

 

やはりというか、欧米先進国が上位に並んでいます。

 

TOP3は全て北欧の国です。

福祉だけではなく、金融知識の面でも見習うべきところがあります。

 

引用先の記事ではアジア太平洋地域でオーストラリアが1番高いと言っていますが、それは歴史的な背景でルーツの多くを英国を始めとした欧米に持つためと考えられます。

 

日本は先進国と発展途上国のちょうど中間くらいに位置しているようです。

 

世界的にも高い教育水準とGDPがありながら、これはなんとも情けない結果ですが妥当と言えば妥当かと思います。

 

金融知識が無いため、結果として最も慣れ親しんだ"銀行預金"が日本ではダントツ人気の運用先となっています。

 <関連記事>

www.letter-from-tom.com

 

そしてリターンの高い株式投資などについては理解が無いため、

"怪しいモノ"

"危ないモノ"

という扱いになってしまいます。

 

<スポンサードリンク>

 

日本では"お金"について学ぶ場が無い

f:id:TOM-1989:20180418165338p:plain

 

日本ではお金について学ぶ場はありません。

いや、自分からそういったセミナーとかに申し込んでいけばもちろんあるのですが、教育のカリキュラムの一環としては触れられることは一切ありません!

 

公の場で皆とお金の話をする機会がない。

先生から教わることもない。

親からも特に教わらない。

 

こういう環境の中で、学生から突然社会人になっても日々仕事に追われてお金の勉強をするということはありません。

 

日本では皆でお金の話をする機会も公に無いため、どうしても人前でお金の話をするという機会が与えられないのです。

 

<スポンサードリンク>

 

"人前でお金の話はタブー"という文化

 

f:id:TOM-1989:20180418165406p:plain

 

こうして、日本では"人前でお金の話はタブー"という文化が出来上がってしまいます。

 

人前でお金の話をする機会が与えられていない以上、職場でお金の話をしない方が良いのです。

 

話している当事者間が良くても、聞いている周りの人からしたら概ね良いイメージは持たれません。

 

もっと悪い場合だと

・お金に汚い人

・お金に執着心の強い人

・仕事に不真面目な人

・ギャンブラー

・怪しいことしてお金稼いでる人

 

などのイメージが職場で付いてしまいます。

 

 

欧米などと違い投資が一般的では無い以上、会社員をしながら投資をするというのはある種それだけで珍しい存在です。

 

株主優待の話などなら多少は市民権を得ている感じはありますが、 

ROEが〜

キャッシュフローが〜

等の話をし始めたら間違いなく退かれます笑

 

仕事がトップクラスに出来れば良いですが、仕事も並なのにそんなに株式投資に熱心だと周りから白い目で見られてしまいます。

(他の趣味ならどんなに熱心でも仕事とは分けて考えられるのに…)

 

<スポンサードリンク>

 

口は災いの元。沈黙は金。

結果として、職場などでは株式投資の話はしないほうが良いです。

そしてなるべく周囲に話を合わせた方が良いです。

サラリーマンをある程度続けていくなら、悪目立ちしないことが最も大切と言っても過言ではありません。

 

職場で居づらくなるのは良いことありませんからね。

 

"サラリーマン"と"投資家"は相容れない存在であり、サラリーマンをしながら投資家として生きると職場で浮く可能性があります。

 

自分がどんなに株式投資が好きでも、職場では静かにしておくべきです。

 

結果、ブログが掃き溜めと化す (笑)

 

f:id:TOM-1989:20180418170948p:plain

そして、リアル世界では株式投資について話す人が殆ど居ないためブログなどで好き勝手意見を言うしか無くなるわけです笑

 

長期投資・米国株投資をリアルでやってる人には未だ合ったことがありません。

 

優待や投機ならいるんですけどね。

 

ブログ界では沢山お見かけするんですが、本当にリアルに存在するのでしょうか?笑

 

<Follow me!>